身体の悩みに対して最善のアプローチを選択して対応してくれる

離れた両目でお悩みなら

医者と看護師

改善方法には切らない施術と切る施術がある

目が離れているとコンプレックスになることが多く、顔の悩みのランキングでは上位に挙げる人も少なくありません。この悩みを簡単に改善したい時にはヒアルロン酸を用いたプチ隆鼻整形も効果的となっており、銀座エリアの美容外科でもポピュラーな施術となっています。プチ整形ですからメスで切ることはなく、ヒアルロン酸を打てば終わるため、施術に要する時間はだいたい5分ぐらいです。鼻筋を高くすることで両目の間に立体感が出て、両目が近くなったような印象をかもし出します。施術時間は数分ですが、体内でヒアルロン酸が吸収されるのに数か月から1年程度は掛かるので、改善効果が長持ちするのもポイントです。また、治療ではできるだけ細い注射針を使ってくれるので、痛みも少なくなっています。刺す時にチクりとした感触は覚えますが、耐えられないほど大きな痛みなどはありません。そして、内出血や腫れなども殆どないとされており、例え生じてもファンデーションなどのメイクで隠せます。銀座の美容外科でも受けられるプチ隆鼻整形は概ねこのような内容ですから、とりあえず離れた目を何とかしたい時にピッタリです。隆鼻術に的を絞ったランキングサイトも数々あるため、興味がおありなら調べることをおすすめします。

目頭切開手術はランキングサイトで取り上げられるほど注目を集める施術であり、離れた両目を改善する治療としても効力を発揮します。目が離れて見えるのは目頭にある蒙古ヒダが原因の場合も多く、両目の間に余計なスペースが入ることで目が離れて見えるのです。目頭には涙丘と呼ばれるピンク色の部分があるのですが、蒙古ヒダが発達しているとこの肉を覆ってしまいます。ですが目頭切開手術でこのヒダを取りますと、目が内側へ広がったようになり、離れ目が改善できる仕組みです。また、蒙古ヒダは美しい二重ラインの形成も邪魔するため、二重手術と併せて行うケースも珍しくありません。そのほか、目のサイズを大きくする効果もあるので、銀座の美容外科クリニックでも近年話題の整形治療となっています。そして、Z形成法は数々考案されている施術形式の中でも代表的なスタイルとなっており、これは目頭の部分を名称通りZ状にカットする手法です。実際にどの方式で治療するかはクリニックや利用者の要望によっても異なるため、治療する際はカウンセリングを受け、医師に最適な手術法を見極めてもらいましょう。ただし医師の技量によってクオリティーは変化しますから、銀座で目頭切開を検討している時は、ランキングサイトを活用して技術力の高い美容外科を選ぶのが肝心です。

Copyright© 2019 身体の悩みに対して最善のアプローチを選択して対応してくれる All Rights Reserved.